シニア犬との暮らし

シニア犬の歯周病治療体験記!全身麻酔の抜歯の結果や効果的な予防法

わんちゃんの歯のケアは歯周病になると命に関わるため大事なお世話ですよね。

でもわんちゃんが嫌がったり、逃げたりして飼い主は継続したいのに続かない、という方は多いのではないのでしょうか。

私も愛犬が激しく嫌がるため続かない飼い主の一人でした。

その結果、愛犬がシニア犬になり歯周病に。。

歯周病治療で全身麻酔をすることになり、悪化した歯は抜歯もして愛犬に大きな負担をかけてしまいました。

この記事では、同じような経験をするわんちゃんを減らすためにも、恥をしのんで体験記や歯磨き以外の予防法を紹介します。

愛犬の歯のケアに悩まれている方に少しでもお役にたてたら嬉しいです。

 

わんちゃんの歯周病予防ケアはたいへん!

愛犬の歯のケアできてますか?

わんちゃんの飼い主さんなら歯のケアについて悩んだ経験が一度はあるのではないでしょうか。

最初から喜んで歯磨きをするわんちゃんはいないので、

  • がんばって歯磨き習慣をつけた
  • 歯のケアができる餌(おやつ)を使う

といった努力をされている方がいる一方、

  • 嫌がるので挫折した
  • 何もしていない

という方もいらっしゃいます。

実は私も最初は「何もしていない(挫折した)飼い主」でした。

その結果、愛犬に大変な目に合わせてしまうことになったんです。

愛犬の歯のケアを怠ると歯周病に!

私は愛犬のデンタルケアを怠った結果、愛犬を歯周病にしてしまいました。

歯周病になる原因はこちら。

  1. 食後に歯垢(プラーク)がたまる
  2. 3~5日で歯垢が歯石になる
  3. 歯と歯茎の溝が深くなり細菌が入り込む
  4. 歯周病になる

このように、犬は歯垢が3日で歯石になるので歯周病になりやすい特性なんです。

データでは3才以上のわんちゃんの8割以上が歯周病ともいわれています。

歯周病で見られる症状はこちら。

  • 歯茎が炎症を起こして赤く腫れる
  • 細菌が繁殖して口臭が強くなる

ただし、見た目では歯周病が進んでいるのが分かりにくいのが難しいところ。

それなのに、更に悪化するとこうなります。

  • 歯がぐらぐらになる
  • 痛みで口を触られるのを嫌がる
  • 歯の根っこに膿ができて腫れる
  • 上顎や下顎が溶けて骨折する

膿が上顎に溜まってしまった場合、頬に穴が空いてしまうことも。

また、特にシニア犬は唾液が減ってくるので歯垢が増えやすく、免疫力も落ちてくるので歯周病にかかりやすい です。

人間と同じで、高齢になるほど歯のケアは大事なんです。。

歯周病の治療方法は?

歯肉炎程度であれば歯石を取って治ることもありますが、歯周病は治りません。

歯周病の治療は全身麻酔をした上でこのような処置をします。

  • 歯を研磨して歯石を取る
  • 歯茎を切開して膿を出す
  • 抜歯する

これらはわんちゃんの体の負担はかなりのもの。

シニア犬なら全身麻酔は命の危険もあるので実施できない場合があります。

その場合は抗生物質など薬を対症療法をするしかありません。

【歯周病治療体験記】抜歯したけどそれで終わらず!

ここからは恥をしのんで体験談をお話します。

我が家の愛犬は2度全身麻酔で歯石の除去と抜歯を行い、3度目の治療では全身麻酔を選ばず薬で対応しています。

1度目:歯石の除去(8才)

愛犬の歯のケアは気が向いた時にガーゼで歯ついた食べかすを取るようにしていました。

しかし嫌がるので終わったあとご褒美におやつを与えるなど矛盾したケアをしていました。

口臭が強くなってきたため獣医師に相談すると、歯周病になりかけているとのことで歯石除去を勧められました。

健康診断の結果も問題がなかったので全身麻酔で歯石を除去しました。

術後も問題なく、口臭もなくなり、若い頃の白い歯が見えてホッとしました。

そこで歯のケアを続けれられればよかったのに、気が抜けてしまって気がついたら週に数回に減ってしまいました。

2度目:抜歯と残った歯の歯石の除去(12才)

愛犬が前足でマズルを気にするようになり、健康診断で獣医師に相談したところ、歯周病が再度悪化していることがわかりました。

年齢的にもシニア犬なので手術をするかは血液検査次第。

結果的には問題なく、全身麻酔での手術が決定しました。

ただし、状態の悪い歯は抜歯すると説明をうけ、了解して手術室に愛犬を送りました。

併せてシニア犬なので術後のリスクが上がっているので麻酔中は万が一のこともある、ということも聞き、手術中は祈るように過ごしました。

術後。

ぐったりしていて、ハアハア息をしたら血の混じったよだれが流れていました。

歯は10本以上抜き、犬歯と奥歯だけ残っているとの報告。

しかも、上顎の骨の一部も溶けていたため、口と鼻が貫通していました。

その結果、術後しばらくは水を飲むと水が鼻にはいってむせることも。

こうさせてしまったのは全て飼い主が原因。

もう申し訳ないという気持ちでいっぱいです。

残った歯の健康を保つことを心に誓いました。

しかし、歯の手術後口を触られるのをとても嫌がるようになり、歯磨きを続けるのが困難に。

なんとかガーゼを指に巻いて口の中を触る程度のケアが続きました。

3度目:全身麻酔はNG!抗生物質で対処(14才)

白髪が増え、寝る時間も増えてシニア犬のサインが色濃くなってきた時期に、突然右側の頬が腫れてきました。

獣医師に相談したところ、前回抜歯しなかった奥歯の歯周病で歯茎に膿が溜まっているとのこと。

ガーゼでの拭き取りケアは効果がなかったようでがっくり。

年とともに唾液が減り、免疫力も落ちているので歯周病が悪化しやすいと聞かされました。

抜歯するか相談したところ、さすがにこの歳だと歯周病のリスクより全身麻酔による命の危険が大きいので割にあわない、との説明でした。

そこで抗生物質を処方してもらい、まずは炎症を抑えて様子をみることに。

飲みはじめて3日もしたら膿が弾けたようで腫れは引いて、いつもどおりの顔になりました。

しかし、膿が頬側に出てしまうと、細菌で肉が溶けて穴が空いてしまう「眼窩下膿瘍」になる可能性もありました。

抗生物質の投薬治療は根本治療ではないためいつ再発するか分からず、今も気を抜けない日々を送っています。

次に、歯磨きをさせてくれないわんちゃん向けの歯周病予防法を紹介しますね。

歯磨き以外でできる歯周病の予防法

歯磨きを激しく嫌がったり、口を触ることすら嫌がるわんちゃんのケアはわんちゃん、飼い主共に大きな負担になります。

負担が大きと継続が難しくなるので、歯のケアは「無理せず続ける」ことがポイントです。

一生懸命歯磨きを続けていたのに息切れしてケアがおろそかになってしまえば、結果的に歯石が溜まってしまいますよね。

「無理せず続ける」ためにおすすめなのが歯磨き以外のケア方法です。

次におすすめのケア方法を紹介しますね。

歯みがき効果のあるガム・フード・おもちゃ

わんちゃんが好きなにおいのガムやフードを食べることで歯磨き効果を狙う方法です。

また、ロープなどをくわえて遊んでくれる子には歯磨き効果のあるおもちゃを与えます。

歯磨き効果のあるガム・フードやおもちゃをわんちゃんがかじることでこんなメリットが望めます。

のぞめる効果
  • 歯についた汚れが取れる
  • 唾液が増えることで細菌の増殖が抑えられる
  • 口臭が抑えられる
おすすめ商品はこちら

デンタルガムといえば「グリニーズ」ですが、こちらはウェイトマネジメントタイプ。

特にシニア犬は代謝が落ちて太りやすくなっています。

おやつも気をつけないと肥満の原因になってしまいますが、ティニータイプ(体重2~7kg適用)は1本あたり26kcalでカロリー控えめなので安心ですね。

ただし、このようなケースはおすすめできません。

  • シニア犬で飲み込む力が弱っている
  • すでに抜歯している
  • 小麦アレルギーがある

実はグリニーズには小麦粉がつかわれています。

グレインフリー・グルテンフリーのドッグフードを与えている場合もご注意下さい。

 

おすすめ商品はこちら



 「カナガンデンタル」は特許取得の海藻由来成分でデンタルケアができるグレインフリードッグフード。

天然の海藻成分「プロデン・プラークオフR」の配合でケアするので添加物の心配もありません。

イギリスのプレミアムフードで有名なカナガンのシリーズで、デンタルケアに特化したフードなので安心して利用できます。

全年齢対象で、タンパク質33%と高タンパクフード。

オメガ3、6も配合されているのでシニア犬でも安心して取入れることができます。

グレインフリードッグフード「カナガンデンタルを詳しく見る>>

菌の増殖を抑えるジェルや粉

菌の増殖を抑えたり、抗菌作用があるジェルを舐めさせたり、ごはんにまぜて与える方法です。

食べても問題のな食用成分や天然成分でつくられているため安心です。

のぞめる効果
  • 口臭が抑えられる
  • 菌の増殖が抑えられて歯石ができにくくなる
おすすめ商品はこちら

ドクターワンデルは舐めるだけでデンタルケアができるケア用品。

大学と提携した口内環境を整える成分や最先端のヒト幹細胞培養液でデンタルケアを実現したジェルです

数多くある歯みがきジェルと比較しても効果が期待できる成分が配合されています。

そのため、特に歯磨きを嫌がるわんちゃんや、なかなか歯磨きが続かない飼い主さんにおすすめの商品なんです。

最近発売されたケア用品ですが、見つけた瞬間これだ!と思って今使っています。

しばらく使ってみたらレビュー記事を載せたいと思っています。

獣医師監修のペット用歯周ケアジェル「ドクターワンデル」を詳しく見る>>

 

シニア犬の歯周病治療体験記と予防法まとめ

シニア犬の歯周病治療の体験と予防法を紹介してきました。

我が家の愛犬は2回の全身麻酔、1回の抜歯、抗生物質の治療を受けてきましたが、こうなってしまったのも飼い主である私の責任で、反省しきりです。

また、歯磨きを嫌がるから妥協してしまうのではなく、便利なグッズに頼るといった機転を効かせられなかったことを後悔しています。

わんちゃんの歯の健康を守ってあげられるのは飼い主です。

毎日の歯磨きの継続は重要ですが、忙しかったり限界があることもありますよね。

その時は便利な歯のケアグッズもうまく取り入れてみてください。

飼い主さんが「無理せず続けられる方法」を見つけてわんちゃんの歯を守ってあげてくださいね。

ABOUT ME
うーたんの飼い主
シニア犬うーたんとは保護犬の頃に出会ってから12年の付き合い。一日でも長く元気に過ごしてもらうため、最適なフード探しや居心地のよい暮らしを目指しています。

わが家はこちらを中心にあげています

\シニア犬専用ドッグフード/
ピッコロ

良質なチキン&魚が70%で高タンパク
関節ケア成分が他商品と比べて特に豊富
グレインフリー(穀物不使用)
有害な添加物不使用
今なら初回半額!

\まずは半額でお試し/
ピッコロのくわしい
情報はこちら>>

🌟わが家の愛犬も食べています!🐾

わが家はこれでデンタルケアしています

\獣医師監修のデンタルケアジェル/
ドクターワンデル

人の歯科治療で注目のヒト幹細胞培養液を初めて配合
厳選の国産材料を利用
獣医師と共同開発
大学と提携した有効成分を配合
今なら33%オフで試せる!

\33%オフでお試し/ドクターワンデルの
詳しい情報はこちら>>
🌟歯みがき嫌いの愛犬のケアはこれ❗